【メディア情報】のんびる1月号に掲載頂きました!

パルシステムさんのセカンドリーグ
はじめる!人がつながる 社会がかわる
「赤ちゃんが泣けるまち ~不寛容が気になりませんか『のんびる』2018年1月号」に掲載いただきました!

共同代表赤星と広報担当の長谷川を取材いただき、
インタビュアーの方が、私達の活動の根源の部分や深い部分に問いかけてくださりました。
写真も素敵に撮影いただきありがとうございました☆

『赤ちゃんの大きな声、歌声の聞こえるなかで。
女性自身がつくる女性の新しい働き方、働き場所、
そして寛容あふれるコミュニティ』として、ご紹介いただきました。

子連れワークなどの働き方も掲載いただきました。
一緒に働いてみたい方はお気軽にお問い合わせください。

▼働き方はこちら
http://www.iromusubi.com/recuruting

「赤ちゃんが泣けるまち」

暮らすまちが、そうあったら、確実にもっと子育てがしやすくなる。
子供だけじゃなく、多様性を受け止めるまち、ひと、社会になればもっと生きやすくなり、幸せ度は増すだろう。

今までの人生で散々はみ出してきて、苦しかったという共同代表赤星が思っていることです。

いろむすびcafeでは、

0歳から100歳まで輝ける場所

誰もが自分らしく
彩り豊かな人生を歩み
協創する社会を

目指して、多様性を受け止めるコミュニティを
創っていければと考えています。

ありがたいことに巻頭掲載で、他にはモーハウスさんの記事も。
cafeのラックにも置いてありますので、ぜひ読んでみてくださいね(^^)

セカンドリーグとは、
現代の日本社会が抱える地域やくらしの課題(例えば、介護や子育て・貧困・災害など)を解決し、高齢者や障がい者・子どもたちの誰もがイキイキと暮らせる地域づくりを目指しパルシステムが立ち上げた、ネットワークコミュニティの名称のことで、
「セカンド」は、定年退職の「セカンド」だけでなく、子育てを終えたあとの「セカンド」、仕事や子育てと両立させた「もうひとつの」という意味の「セカンド」を念頭においているとのことでした。

▼「のんびる」HP、こちらから購入も可能です☆
http://secondleague.net/?p=9729